雨粒あめ子の透明境界線

メンタルと詩の保管所

生きづらさも死にたみも受け入れられずに

今までどれ程に自分を痛め、責めてきただろうか。苦しい時に苦しいと、もう限界だという日に助けてと、あの頃言えていただろうか。

ここのところずっと続く雨がもたらす抑うつと頭痛神経痛で、睡眠時間は長くなった。外にいる時間も短くなり、家事は以前より無理をしてやっているけれどそのあとの疲労感が半端ない。出来ることなら一日中眠り込んでいたい気持ちになる。一週間に一度、布団の中から出られなくなった。もう冬季うつにかかったんじゃないかな。

一年後くらいに、ひとり暮らしをするかもしれない。というかその可能性はとても高い。私がひとり暮らしからイメージするものは「孤独」「ひとりきり」「ひきこもり」…こんな感じで、とてもじゃないが新たなスタートライン!なんて言えやしない。
自分一人で家計のやりくりが出来るだろうか?
急病になった際に自分でどうにか対処出来るか?
昔のようにひきこもって、家事もままならなくなるのではないか?
…悪く悪く考える。よくない方へ考えて、自ら不安の種を成長させてしまう。
最近はこのストレスが引き金となって夜は動悸がしてなかなか寝付けなかったりする。つらい。わりと、いや、とんでもなくつらい。せめて両親がまだ若く健在であったら。とか何とか思う時もあるけれど、死んだ人をこの世に戻せるわけもないし。

あー本当に自分に自信がもてない。あー本当に些細なことで自己嫌悪する。折り曲がった思考の歪みがおそろしくてたまらない。死んじゃいたいけれど。あーまた「死にたい病」に取り憑かれてる。そう言えば昨年に、人間って案外強く頑丈に出来ているってのを経験してしまったんだった。
消えたら無になるわけだから、きっと楽でしょう。呼吸もしないし人間関係も家事も何もせずに済む。ただ、生きている時の日々の中のほんの些細な幸せや数年に一度の人との出会い、小さな良いこと面白いことやりたい事、そういうのは消えてしまったらなにひとつ出会えない見れない感じることさえなくなるでしょう。
それでも私は消えたい。

いろんなものが分からないまま昨日も今日もただ生きてるだけで。それは昔から代わり映えもなくて。生きてるだけでえらいよって無理やり自分に言い聞かせている。それは今になって出来始めているけれど、苦しみは継続していく。