透明境界線

日常の感情の肯定。詩を置く場所。

疼く傘

目の霞と宇宙と浮力で叶う眩暈

気象病にたいする

にくしみ

しんしんとした曇り雨のなか

私も君も

立っている