雨粒あめ子の透明境界線

メンタルと詩の保管所

沈静

希死念慮がベッドに漂う夜に‬
ぬいぐるみ抱きしめて
ゆっくり ふかく
覚悟も決心も一切せず、
こきゅうをしている

余っていた鎮静剤は昔
橙色のカンカンに
大事に保管をしていた

さけぶことのできないまよなか
しずまりかえるいえのなか
わたしの分身が頭を抱えて
こきゅうをしている