雨粒あめ子の透明境界線

メンタルと詩の保管所

灰色の空はめらんこりーな僕に歩け歩けとうるさく話しかける。
むごんほど怖いものなどない
むひょうじょうは不穏にさせる
雨が落ち、晴れてまた落ちて

みがってなものにはスルーすればいいのよ。そうきみはいつだか言ったよな

記憶の窓辺でうたう灰
両脚は
うまれたときからかなしばり