雨粒あめ子の透明境界線

メンタルと詩の保管所

咲き始めた花は希望

家にひとりでいるときに、胸の鼓動がうねるように脈を大きく感じる。その鼓動の音に耳を研ぎ澄ませていると、孤独感がより一層強くなる。だから部屋にひとりきりでいるのが今は苦痛だ。今は特に。


安定していた精神がここのところはずっと不安定でいて、対人関係でもとても悩んだ。私はまだ、ちょうどいい距離感や失敗を次に活かすことが不器用なままでいる。夜もここ数ヶ月寝付きが悪く、寝付くのがだいたい2、3時頃になってしまった。音のない夜はとても虚しい。
昨日今日はひたすら原因を探って頭ん中のごちゃごちゃをノートに書いて整理したら、幾分かホッとした。紙に好きなように書き連ねる作業が大好きだし、本音も愚痴も、ノートは全部私を受け止めてくれる。

水根栽培のヒヤシンスの、桃色の方が咲き始めた。

f:id:raindroppop:20180225191128j:image

水根栽培は初めてだから失敗すると思っていたので、正直なところとても驚いた。うつ状態の続く私にとって、きっと希望のひとつになると思う。