透明境界線

メンタルと詩の保管所

インターネットと私

ガムシロとミルクをアイスコーヒーにいれるぐるぐるかき混ぜる混沌とした小さな世界の左指に煙草わかってない全然じぶんじしんのこといくつになってもしらないままだよ今年33時代が随分変わってきたいつ返ってくるかわからないメールを待ちわびていたあの頃…

余白

花がいつまでも咲いていることはなくてぼくというにんげんはかよわくて素っ気ないきみも一人の人間として肯定したい余白を埋めるのではなく余白を味わうことそれが難しくも楽しいことにいまようやくきづきました

貝になれたら

貝になろうと足掻く土壌に引き千切られる寸前で嗤った愛。はいぼーるのめない暖かさに敏感な体になったのがいつからなのか覚えてない依存。神経痛は日に日に痛みを増して私を殺そうとやってくる笑える、楽しく感じられる景色が確かにあの日、ありました。桜…

曇天に剥がれるメンタル

死にたみ胸を締め付ける圧迫感漠然とした虚無感。今月のPMDDはさほど酷くないけれど、やっぱり毎月一週間前はしんどい。女であること、女でいなければならないことに女子校の頃から不信感を抱いている。私も他のメンタル持ちの人も、どうして些細なことで鬱…

ツイッター雨粒企画について

こんにちは。PMDDが始まり、やや鬱気味だけどなんとかやれてる。最近は寝つきが悪くて困っているけれどね。ツイッターの詩のアカウント上で企画をした「雨粒企画」。“雨粒”という言葉を使い自由に詩を書いてください連詩もOKですという。自ら企画イベントを…

応急処置

トラウマの再体験をした時に、自傷をしてしまった。自分をひどく責め立てた。私は何も悪くないというのに、また被害を受けた気持ちになった。 傷口から止まらない血液。深くするつもりもなかったからパニックになった。 メンクリに電話を入れて、応急処置の…

売り物

発達する南風が愛おしいもちろん生活は困窮はしているけれど寒暖は嬉しいいい。かなしみなんてちっぽけなもんだなあそう一瞬だけ思いました 神奈川は都会じゃないし・都会は気分害すよねときみが言ったし生田緑地には昔、男と徘徊しに行って言われて破局コン…

別れ

書きかけの詩の下書きを削除した。私にしては珍しいほうだと思う。何も思い浮かばないし何を書いてもつまらないから結構悲しくなってる。言葉を生み出せないことは、生み出して混乱することよりはるかに苦しい。精神が参っている時にこそ救われてきたのに。…

白と黒とグレー

グレーな世界は初体験、迷子なの死ぬほど好きだった人に、裏切られたの。かなしかった、さびしくなった、断られると怒ってた。自分でも自己中だと思うやめられなかった私がいけなかったと思う彼も彼でだめだめじゃんでも好きなんじゃん、 それって愛?憎しみ…

なんとか生き延びられた4月

五月病の季節がやってくるけれど、私にとっては四月が一番大変だった。今週の半ばからようやく落ち着いて来た感じ。ボーダーの回復期はそれはもう大変で、『揺り戻し』といって回復しつつあるとある時期に、以前の症状がまた再来するそうです。数年前と似た…

氷の指先から見える世界はどうだつめたいって言わずに無意識で歩くことが出来るんだろう「魅力的」 怒鳴る声は窓辺から聞こえない真っ当に生きなさいと言われたまま育った手足いまは氷の世界上で千鳥足しているよ 「かなしいか」 泣かないで責めないで泣いて…

母の誕生日に

昨日は母の誕生日だった。今頃なにをしてるんだろう。ずっと眠ったままなのかな。今生きていたら私たちは未だに共依存しているのかな。それとも、自立や私から逃げて母を置き去りにしたりしているのかな。たくさん、色々と思うことがあって苦しい。感じる。…

春病

暑さによる疲れで寝付けず0:20。きゅうげきにやってきたなつに追いつけず浮き沈みをするメンタル。 胃に液体の薬を流し込んで海を思う。 今夜も脳内はアレコレで手一杯直接脳を触りたい 0:22。

会いたいひとに会えない

会いたいひとがいても、なかなか会えないもどかしさに燃えてる。微妙に遠いからこそいい距離感で付き合っていられるんだけれど。周りに置いてけぼりを感じていても、人は人だから追いつけるはずがなくて。私は私だからすんごいマイペースにしか歩けない。そ…

このうでで

どろぬまの心を誰が救うのでしょう私です。掬ってこぼれた一部を拾うのは誰でしょう私です。貴方も、あなたも、きみも助言するだけでじっさいすくってくれるわけではない求めるだけでそれ以上は私がたすけるのです自身をこの微力な腕で

知ったかぶり

知ったふりをしている あなたの言っていることが分からないので知ったかぶりをして屁をしたと言って豪快に偽笑いする ファンファーレがきこえるを聴く 夜の快速 Base Ball Bearに夢中だった過去は 忘れたくはないが 思い出せば断片的にそれとは違うあの過去…

いびき

きみのいびきは昨晩ひどく甲高くけれど僕はなぜだか落ち着いてコーヒーを淹れて朝食を作り数日ぶりにカーテンをシャアーと開けたきみは寝言をひとことも言くこともなく熟睡してるし鼻腔拡張テープの効き目もないな可愛いな、なんて思った自分が怖かった

恐れてる

自分にとって何が大事なんだろう。ひととの繋がりばかり感じ取って疲れた、じゃあ今は他に何が必要なんだろう。(近況としては今、ものすごく考え込んで泣いて荒れて、まあ相変わらず不健康に生きてる、かったるい) ① 生きる。 これ一番重要だよね。生きて…

歪な愛情

失ったものを取り戻すことはできない。しょうがないことだと思う。けれど例えばそれが人だとしたら、私は悲しくってやりきれない。 ひとは死ぬとどこへいくのだろう。天国?天国はあるのか。三途の川はあるのだろうか。 きっと私は、赤ん坊のころ母に抱きし…

おわったこと。

判明する夜に鳴く猫も無く人もいた そこに一輪のスカビオサ 花の尊い命を守るために水を汲んで来た、蒼きは未だある。 言葉に意味を持つことの重要性をあの頃まだ知らずにいた 夜空を見上げた日を今思い出してみたけれど、終わったことだった アームウォーマ…

希死念慮と後遺症とともに生きていくんだろう

今年の夏で、脊髄損傷を負ったのが2年になる。あの夜のこと、感情、激痛が今でもフラッシュバックのように鮮明に、ふと蘇ることがある。生きていることがとても苦しかったし、母を失った喪失感で胸がはちきれそうで、衝動的に落ちた。 意識が遠のくなか聞こ…

濃淡のある場所

そこにことばがない池袋のようだった感心と安心すれちがうまちのうえに猫もいた

木曜のしにたみの夜&メンタル系の本

本を買った。高かった。ここ数週間の私は、本当に不安定すぎで、根っこにある生が揺らいでしまってる。先日のカウンセリングで、幼少期のトラウマについて話したのも余計に苦しくなった原因。困ったもんで、食欲も睡眠欲も安定していた時期よりも増すし、自…

泣いてもいいですか。

思いきり、泣いていいですか。 誰しもそう強く思ったことがあるだろう。私は、今日たくさん泣いた。 泣いて、一度自傷をした。 家族連ればかりの春休みは嫌い。まるでゴールデンウイークに似ているじゃないか。メンタル持ちにはやっぱりきつい。 今、もし私…

雨の音

雨が降ると眠くなる雨が降ると切なくなる雨の日は動きたくないとからだが殻にこもりたくなるそれと矛盾するきみへの会いたさ募る 雨粒の音は 世界の正常と異常を知りたくなる音雨のせいで悩みが増す、頭痛の予兆がするそれでも雨は、『しずかにやさしいおん…

春がきて眠たくて手汗がひどい

あったかい。春だ〜花見だ〜。と、今思った。昨年は友人と神田川沿いの桜並木の下をのんびり夜桜見物した。とてもいい思い出だった。今年はお酒片手に夜桜を見る予定。だから生きていかないとね。 自律神経と花粉症のせいで、毎日眠たい。いや、私は季節問わ…

0322

今日はもっと暖かくなる予定だったんだけどな、春は天気予報が当たらない。 忘れ物をしただけで鬱になり、夕方になってから死にたくなりはじめて、日々頻繁に繰り返されるこの感情のうねりに日々乗っていて。 楽しいことが何もない。 あっても、翌日からまた…

おとといの夜の不安発作

今日は雨の日。昨日まで春の暖かさで眠たく気だるかったというのに、今日から冬に逆戻りだ。この気候なら、健康な人でも体調がおかしくなるだろう。こんな寒暖差で正常を保てと言われても無理なものは無理、メンタル疾患と身体疾患ダブルの人達はもっとダウ…

収縮性

‪涙が出そうでこの瞼ゴクリトツバノミコンデつむって両胸のざわつきを慰めて/月日経てどもわたしは女。‬女おんなオンナ女の子おんなのこおんなの子,○○○。. イイカゲンナ命などないいい加減な気持ちではいない人と人とがかんぜんに分かり合えるなんてほぼ皆…

どんなに苦難であっても

あっという間に三月も中旬に入った。三寒四温が厳しい。昨日の昼は詩誌へ作品の投稿をした。今月は投稿厳しいかもと思っていたけれど、先週に書いたものが意外としっくりきたので、数日間推敲を重ねて仕上げた。 コブシの木か木蓮かいつもわからないけれど、…